FC2ブログ

月見日和

AsgardRPG製作状況 * MHP2G攻略情報 * etc

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
製作日誌21日目、そして公開まであと29

さて、そんなわけで今日はちょっと
"企画書" めいたものを書いてみるのですよ
恐ろしく文字ばっかりになるけど覚悟しておいてね!

そんな感じなので詳細は続きにとじておきまふ
詳しい説明はまた後ほど..0Oo(=ω=`

 
AsgardRPG 企画書

●テーマ
  君が選んだ世界の行方

●コンセプト
  NEXON社が運営するMMORPG "アスガルド" のシステム・世界観がベース
  プレイヤーは自身の職業やステータスの伸ばし方を自由に選択でき、
  また仲間とする職業、通る街やイベントの自由度も高い。
  ベースとなったゲームでの「あるある」ネタも織り込みつつ、
  オフラインとして単体で楽しめるストーリー性も用意される。

●セールスポイント
  アスガルドの独特な世界観、シンプルな操作性、テンポの良い戦闘、
  自由度の高さによるやりこみ要素のある成長システムを重点に再現する。

  移動時のエンカウント率は低めに設定されており、
  「強めの見える敵」との戦いを任意で挑むことが可能。
  戦闘時はキー操作によりさらに高速化することができ、
  クリティカルやレベルアップのエフェクトが華を添える。
  スキルにレベルを持ち、使えば使うほど強くなる。
  レベルの上昇により派生習得が可能なスキルも存在する。
  職業毎の特色を持つが、育て方により固定概念に捉われない活躍が可能。
  (例えば "戦士" 並の破壊力を持つ "僧侶" なんてことも)
  レベルアップ時のステータス付与効果を持つ "称号" や
  素材の採取・採掘による調合や合成などコレクター要素も少なくない。

  各地でそれぞれ経験するイベントや出会いが
  終盤に向けてひとつの核心に近づきクライマックスを迎える。
  マルチエンディングとは言えないが、主人公は要所で「選択」を迫られることになる。
  どのようにこの世界に生まれ、何を目指して暮らし、どんな未来を望むのか。
  ゼロから始まるこの主人公を通じてプレイヤーに考えさせる。

●基本事項
 対象機種:Windowsマシン
 ターゲット:学生および若者(アスガルドプレイヤー、ツクールプレイヤーを起点に)

●シナリオ・ストーリー
 序盤はチュートリアル的なキャラクターが存在し、職業毎にほぼ一本道なメインシナリオを経験することとなる。
 中盤以降で物語は一気に広がりを見せ「行けるところならどこへでも」行動することが可能になり
 また共に行動する仲間もその時その時で様々に変化する。
 各地に散らばったピースを幾つか集めることで物語は核心へと近づき「神々の世界」へと舞台は至る。
 
 開発の都合による区切りでもあるが、
 目標を細かく設定できるよう章区切りでイベントはそれぞれ一旦完結する。
 その続きを追い深めるのか、また別の観点から物語を広げていくのはプレイヤー次第だ。
 そうして過ごした世界でプレイヤーは、どんな真実を目の当たりにし、どんな未来を選ぶのだろうか。
 (メインプロットは別紙参照のこと)

●サブイベント一例
 ・子供が欲しがっている、魔物が持つヨーヨーを取ってくる
 ・自称"採掘王"にお金を融資し、特殊なアイテムやダンジョンを発掘する
 ・「レピオン」と呼ばれる魔の荒波を超える謎の海賊船内に浸入し、その悪事を暴く


●企画者の想い
  諸君、私はアスガルドが好きだ!
  (最近は一週間振りのログインなんてザラにあるけども!)
  シンプルな操作性、テンポの良い戦闘、やりこみ要素のあるシステム...
  翻訳に難はあれど厚みのあるストーリー、特に氷の城関連は素敵だった。
  そして何より、出会えた人・お世話になった人の存在は
  何年経っても忘れないであろう程大きかった。

  独りよがりの恩返しかもしれない。
  でも私は「楽しかったアスガルド」を思い出せる
  そんなゲームを作りたい。自分のためと仲間のためと、ほんのちょっと皆のために。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aoihane.blog33.fc2.com/tb.php/138-4cd6b3f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。